FC2ブログ
コンテントヘッダー

英単語の重要度を改めて実感

■文法がスタート

春期講習が始まり、英語では文法が始まった

塾のペースはとても速く、授業中問題を解く時、時間に追われる事になる

そんな中時間内に解ききることが出来たのは、単語を覚えている事が多いように思う。

日本語を英語に訳しなさいという問題の時、英単語のスペルがわからず、前のページを確認しつつやっていたのでは時間が足りない。

■英単語を覚えるペース

春期講習の間はほぼ毎日塾があり、次の日までに10個の英単語を覚える事になる。

その中にはすでに覚えているものもあるので、塾から帰ってきてから各3回ほど書き、次の日の朝確認する。
これだけで授業中のチェックテストは大丈夫だが、問題を解くには、それだけでは不十分な気がする。

というわけでキクタン(高校受験レベル)を買った

本来の使い方(1日16個)ではなく、1日目で1週間分(112個)聞き、2日目〜7日目も同じ事を繰り返すというように使っている。

スポンサーサイト



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コンテントヘッダー

暗記物が多い⁉︎少しでも覚えるアイデア3選

■暗記物が多い


とにかく多い

社会とか理科とか英単語とか漢字とか公式とか


特に社会は覚える事が多い(地図とか年表とか)


■アイデア


①時間があればすぐ暗記


例えばゴロゴロする間に単語帳
トイレ中に暗記カード

外出する時も暗記カードなり単語帳なり持って行ってスキマ時間に見るといいかも


②あちこちに貼りまくる


大きい地図とか年表とか漢字表があればトイレとか目に入る場所に貼るといいかも


③書いて読んで聞いて


英単語はとくにだけど

書きながら読む。読めば耳にも入るので書く読む聞くが同時に出来る

①と少しかぶるが外でもイヤホンとかでシャドーイングするといいかも

テーマ : 勉強法
ジャンル : 学校・教育

コンテントヘッダー

2017年第1回公開テストの結果が返ってきました

■まずは偏差値

国語 約60
数学 約55
総合 約60


■順位

だいたい上位10%のところです


■国語

上下が激しい科目

説明文は良かったが、小説文は平均以下

どんな問題が出るかによって差が出そうだ

というか、小説文の方でありえないミスをしていた

正答率90%の問題を間違えたりなど、ミスが多かった


■数学


若干図形が苦手なものの、それなりに安定している

正答率40%以上の問題は合っていたので応用問題を解いた方がいいかも



■全体を見て


初めての公開テストにしては良く出来たかなと思うけど、次は100位以内を目指して頑張ろう

次回からは理科と英語が加わるので上がるかも知れないが

苦手な社会が入ると下がりそう


テーマ :
ジャンル : 学校・教育

コンテントヘッダー

語彙力をつけるには

■読書


語彙力をつけるには、やはり読書が1番効果あると思います。時間が無いかもしれませんが一週間に1冊程度は読んだ方がいいかな、と思います

出来れば大人用の本を読んだ方が難しい言葉もあるのでオススメです



■大人と会話する


大人は難しい言葉とか知ってるので、大人と会話すれば多少新しい言葉を知れると思います

ただ、間違った使い方をしている大人もいるので要注意です


■辞書を引くクセ


難しい言葉に出会ったら辞書を引く。これだけで言葉をどんどん覚えられるかなと思います


■辞書で読書


全く楽しく無いと思いますが、すぐにたくさんの言葉を覚えたい場合は有効かも。しっかり読めば全体の2割くらいは覚えられるのでは無いでしょうか

50回ぐらい読めば辞書の内容を全部暗記するなんて事もあるかも(あくまで出来るかもという事で、効果を保証するものではありません)

テーマ : 学習
ジャンル : 学校・教育

コンテントヘッダー

国語の読み取り問題で知っていた方がいい言葉②

①アイデンティティ→自分とは何者かという自己認識。自己同一性と同じ。


②プロセス→物事を行う過程。経過。


③マスメディア→不特定多数に情報を提供する媒体。新聞、雑誌、テレビなど。


④IT→情報技術(information technology)の略。コンピュータやデータ通信に関わる技術。


⑤自尊心→自分を誇り、品位を保とうとする心。プライド。自負。


⑥先入観→あらかじめ心の中にある思い込み。


⑦憧憬→憧れること。


⑧象徴→形や実態がなく、言葉に表しにくい内容を具体的なものに置き換えて表すこと。
(例 ハト→平和)

テーマ : 学習
ジャンル : 学校・教育

コンテントヘッダー

国語の読み取り問題で知っていた方がいい言葉①

■語彙力が足りない


国語の説明文なんかでは結構難しい言葉が出てきたりします

例えばメタファーだとかアイロニーだとか

というわけで今から難しい言葉の解説を書きます

私は復習をしつつ、皆さんは新しい言葉を知る事が出来るかも知れないという一石二鳥の企画です




①レトリック/修辞→表現技法。比喩、倒置法、体言止めなどの事。言葉巧みにごまかすこと、というマイナスの意味で使われる事もあります


②メタファー→「〜のようだ」などを使わない比喩表現。隠喩や暗喩と同じ意味。


③記号→ある事柄を表すために使われる印。符号や標識だけでなく文字や言語も記号です。


④虚構/フィクション→事実では無いことを、事実のように作り上げる事。
(星野源さんの『恋』にある「虚構」も意味を知ってからだと新しい気付きがあるかもしれません)


⑤皮肉/アイロニー→遠回しに相手を非難する事。思った通りに物事が進まず、予想に反した結果に終わる事です。


⑥ニュアンス→言葉に表現出来ない微妙な違い。

テーマ : 学習
ジャンル : 学校・教育

コンテントヘッダー

塾の宿題を繰り返す

■塾の宿題が出来るようになるまで


出来なかった問題をそのままにして置くとどんどんできない問題が増えていくから、
出来なかった問題は出来るようになるまで解いて、
もう一度全て解いて満点が取れるまでやらないとダメだなーと思いました


私は出来るようになるまで、2〜4回程度なので、難しい問題の時はかなり時間がかかります

出来ない、と思っていた問題でも10回解けば絶対出来るようになると思うので、「やりたく無い」と思う問題こそ、やった方がいいと感じました



■時間が足りない、疲れる


学校のある日は帰ってから勉強をするので、休憩を入れていたら時間が足りないし、だからと言って3時間も集中力は続かない

塾の宿題を何度も繰り返すのは時間がかかります

なので、出来るだけ無駄な時間(二度寝、こたつでゴロゴロする等)は減らさないと時間が足りません


(今は春休みなので時間が足りないという事はありません)


疲れる、という事に関しては、出来るだけ睡眠時間を確保してご飯をたくさん食べるという事が大切かなーと思う

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

コンテントヘッダー

英単語の覚え方&絶対にダメな暗記法

前回に引き続き、今回は英単語です


■英単語の覚え方


国語と同じようにテストして間違えたところを3回ほど練習してもう一度テストするのがいいと思います



ただし一つ注意する事があります

絶対にローマ字の読み方で覚えてはならない


例えばオレンジ

スペルはorange

これを、おらんげ、と覚えてはいけないということです


他にもポテト(potato)を、ぽたと、とか



あと、もう一つコツがあります

それは発音しながら書くということです


見たことも無い英単語を覚える時2、3回書くと思いますが発音しながら書いたほうがいいです

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コンテントヘッダー

漢字の覚え方

■漢字が出来ない


今までずっと漢字が苦手です

書き順とかはともかくとして、同訓異字や同音異義語も苦手です

どうにかしないとなーと思いつつ何にもしていませんでしたがようやく出来るようになってきました



■漢字のテキスト


塾で貰った漢字のテキストで勉強していますが、よく身についている感じがします

実はもう一つ、塾のテキストと同じ形式の漢検5級の問題集も買っています

この2冊が終わる頃にはきっと漢字が得意になっているはずと期待してます


■覚える方法


最近気づいたんですが、書き取りをしても覚えられません

テストをして、出来ないところを3回書いてもう一度テストする。
これが1番効果があるのかなと思います


漢字を見ながらノートに書き写すのは時間の無駄だったかな〜と思いました

テーマ : 勉強法
ジャンル : 学校・教育

コンテントヘッダー

『基礎英語1』を買ってみた感想

この間の本屋でNHKの基礎英語1(4月号)を買いました

CD付きのを買ったのですが、CDに入っていないところもあったのでチョットがっかり


放送時間なんですが
1回目は朝6時
2回目は夜6時45分
3回目は夜9時


ちょうど聞きにくい時間なんです

2回目は夜ご飯
3回目は塾のある日は時間が被ってる

塾のある日は早起きするしかありませんね


ちなみに内容は塾の方が進んでいるので、リスニングというか耳で慣れることが目的です

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

モモ

Author:モモ
中1のモモです!


難関高校に合格するため勉強頑張ります!
ぜひ見守ってやってください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング
ランキングに登録しています 応援お願いします